矯正専門サイト:遠藤歯科 神戸市須磨区にある歯医者さんです。


矯正の治療方法

矯正治療の方法にはいくつかの方法があり、歯列不正の程度や症状により選択をします。また複数の方法(装置)を使うこともあります。

1. 床矯正(小児 混合列歯)
2. フルバンド(永久歯対象 大人もOK)
3. クリアアライナー(審美的にワイヤーなどがなく綺麗 永久歯対象)

4. MTM(小矯正 部分矯正)

フルバンドの矯正が強いです。
矯正専門医院ではなく一般歯科にも力を入れているためその後、定期検診等、安心して治療して頂けます。

基本的に発育途中にある子供の「あごの骨」を正常に発育させ、歯を抜かずに「自然に」美しい歯列にしてしまう矯正治療です。

当然、費用も通常の矯正よりもはるかに安いのですが、メリットはそれだけではなく、通常の歯列矯正では「抜かなければならないはずの歯」を抜かずに矯正できる、ということがあります。
すなわち、余分な歯を抜いたり、ワイヤーなどを使って、歯を無理やり整列させるのではなくあごの発育を促進させることで、自然に歯ならびを整えることができるのです。

床矯正の特徴

  • 学校では装置をはずしておくことができます。
  • 食事の時間や歯ブラシをする時は装置をはずします。
  • 虫歯や歯周病になりにくいです。
  • 歯並び育成を必要とする子供たちは、顔をつくっている上顎骨、下顎骨が縮んでいます。つまり、見た目の歯並びの問題のみならず、顔の萎縮に大きく関与しています。「よい歯並び」は「素敵な顔」につながる問題です。素敵な格好のいい顔の子供たちを育成する事が、歯科医師の仕事と考えて治療に当たっています。
  • 歯と発育不十分発育な顎のアンバランスの問題を、床矯正装置で適切に拡大し解決します。しかし、歯がねじれていたり、回転している場合は多数の歯をそれぞれの方向に三次元的に移動する、形状記憶合金のワイヤーによる治療が必要な場合があります。

フルバンドは、全ての歯に装置(四角い箱型のもの)をつけて動かす矯正のことです。

治療計画に従って、いろいろな装置を組み合わせて使います。

美の先進国、韓国でも大流行!韓国女優も矯正治療にクリアアライナーを使用しています。
世界各国でひそかに注目されております。
製造過程にコンピューターを使用して製作される正確な矯正装置。ぜひこの機会に。

MTMとは、「前歯のすき間が気になる」「歯並びが少しデコボコしている」など、部分的に気になる所だけを治します。MTMは動かす歯を1〜2本に限定して矯正治療を行う方法(部分矯正)です。

以下のような処置が可能です。

1.引っ張り出す

2.傾いた歯をまっすぐ起こす

3.移動させる

4.回転させる

5.引っ込める

MTMの治療法は症例によって様々ございます。

以下に一部治療例を挙げますので参考にしてください。

遠藤歯科
〒654-0071
神戸市須磨区須磨寺1-7-20
TEL.078-736-0024

 

ページトップへ